事例写真

2009年03月30日

【肌の赤み】測定モニター:U.Tさん(30代女性)

●2008年7月24日

  • ut20080724_1.jpg

1年程度赤み、かゆみが続いている状態です。
お湯洗髪、洗浄剤の不使用を実践していますが、他に肌を傷めるものとの接触がないかを確認しながらASVC35を使用することにしました。

●2008年7月31日

  • ut20080731_1.jpg

肌が傷んでいたUさんは、ASVCが刺激となり赤みが強くなってしまいました。
なかなか原因のわからない状態が続きました。

●2009年1月15日

  • ut20090115_1.jpg

赤みが引いてきています。
髪をセットしたときにシャンプーをしていたこと、粉末タイプの洗濯洗剤を使用していたことが改善を妨げていたことがわかりました。

2009年2月19日

  • ut20090219_1.jpg

洗濯洗剤をトップクリアリキッドに変え、ASVC35も刺激を感じずに使えるようになりました。

【測定数値データ】

洗濯洗剤を切り替え、5回目の測定ではすべての箇所で紅斑値、メラニン値が大きく改善しました。

【目の下の数値】
ut_value_1.jpg
【額の数値】
ut_value_2.jpg
【頬の数値】
ut_value_3.jpg

*ご報告メール全文、牛田の詳細解説はこちら↓

第187号 牛田猛省?『原因は習慣の中に......』の秘密

前のページへ戻る

このページの先頭へ

メールマガジンのご登録はこちらから↓