資料室

2013年02月22日

病院での治療満足度アンケート

・集計期間:2011/11/7~2013/1/31
回答:284名


【年代別割合】

年代別割合グラフ


Q1.肌の悩みで病院へ通ったことがありますか。

Q1グラフ

※どのような症状で(複数回答可)
ニキビ74水虫2
アトピー31肝斑2
湿疹23汗疹2
脂漏性皮膚炎22乾皮症1
かぶれ15いぼ3
シミ12そばかす1
蕁麻疹13乾癬1
手荒れ、主婦湿疹10ニキビ跡2
毛穴5唇の荒れ1
アレルギー7老人性色素斑1
乾燥3かゆみ1
赤み7顔ダニ1
しわ3毛孔性角化症5
色素沈着、痣2その他37
日焼け2
肌荒れ6
稗粒腫1



Q2.「Q1」で「はい」と回答された方にお聞きします。病院での治療に満足されましたか。

Q2グラフ

※「病院での治療に満足されましたか」全回答
■はい
  • おさまったので。
  • 十分な改善が見られたかどうかは疑問ですが、エステよりは効果があったのではないかと思います。
  • 顔以外に出て、飲み薬(アレグラ)と塗り薬(レスタミンコーワクリーム)をいただきました。出始めはほぼ毎日飲んだり塗ったりしていましたが、今はたまに出たときのみ使用しています。
  • 治療薬のクリームで完治したので。
  • 白い塗布薬を貰い、洗髪後にこまめに塗っていたのですが、それはそれで良く効いたのか、しばらくしたら治りました。それから再発していません。
  • 塗り薬でかゆみ、湿疹がおさまりました。
  • もともと症状はたまに出ていたのですが、3ヶ月程前ストレスもあって悪化。脂を抑える目的でフラビタン・ビオチンを処方して頂いてます。効果は出ていると思います。また通院の際に気になる大きさになったイボを液体窒素で焼いてもらいます。
  • ステロイドの処方
  • とりあえず、治ったので。
  • 抗生物質入りの軟膏を処方されてすぐに快癒しました。
  • 薬をぬったら短期間で治ったので満足していました。
  • にきびはマシにはなったが治らなかった。マメはきれいに治った。
  • 病院で処方された薬ですぐに良くなった。
  • 飲み薬で少しましになったが、完全に治ったわけではない。
  • 脂漏性皮膚炎はニゾラールクリームで完治したから。
  • 日光湿疹だったのですぐに治ったから
  • 水やぬるま湯洗顔、化粧水などのケアをしない、乾燥が気になる時はワセリンを少量使用するなどを指導され実践して、乾燥が気にならなくなりました。その後牛田先生のサイトに辿り着きました。
  • 肌荒れが治まったので
  • 病院で原因がだいたい判明し、自分で調べて薬を使わずとも治るとわかったので、安心した。ちなみに病院からは薬が処方され、保険と思って購入したが、使わなかった。
  • 湿疹はきれいに消えました。トラネキサム酸を1年位飲んだけれどシミは変化なし。できてしまったシミは消えないものと諦めました。
  • 適切な軟膏を処方して頂いたので。
  • (老人性色素斑が)簡単に取り除けました。
  • 塗り薬だけもらいました。
  • 処方のくすりで治りました
  • 塗り薬で全快しました。
  • 脂漏性皮膚炎にはニゾラールがよく効いた。しかし薬に頼り続けるしか無いのは嫌。
  • 症状はおさまりました。
  • 両手、両腕が、10ヶ月間、痒くてかきむしっていた。ステロイドクリーム治療で症状を抑制した。18年前。10ヶ月後にクリニックへ行ったが、説明が丁寧な開業医だった。しかも、患者に、ありがとうございます、という医者だったので好印象。副作用のないが抑制が遅い漢方と副作用のあるが抑制が早いステロイドのどちらかを選ぶよう、うながされた。今となっては、漢方を選べば良かったと後悔している。
  • かぶれはステロイドで一気になおった。ニキビは満足していません。なかなかなおらなかった。

■いいえ
  • ステロイド軟膏の処方が主なため。
  • 処方された薬を塗っている間は症状が治まるのですが、薬を止めると同じ状態になってしまいます。それの繰り返しで、「完治」したことはありません。あきらめて、ひどいときだけ病院に行くという状態でした。
  • 病院もいろいろ変えて10年近く通院しましたがどこの病院でもステロイド剤や抗アレルギー剤を処方されるだけで根本の治療になっていない
  • (20年以上前のことです)とあるニキビ診療で有名な病院を口コミで聞いて数回通ったと記憶してます。硫黄系の塗り薬とクリームを処方されたと思いますが、全く効果が見えず、根気なくそのうちに通わなくなった次第です。
  • 治りません
  • 薬が、なくなると再発する
  • 10代の頃は、石鹸を処方されて、それで洗うとひどく乾燥した。20代の頃は、女医プロデュースの化粧品一式を購入して、院内のエステにも通ったが、全く治らず、お金がかかりすぎて中断した。
  • 中の膿を取り、赤外線のような電気を当て、薬を塗布してもらいました。また、塗り薬を処方されて、家で塗っていました。
  • 薬を塗り続けなければ、また症状が出てしまい薬が手放せない状況をどうにかしたいと考えています。
  • デフェリンゲルというものが、新薬で効果があるといわれ処方されたが、目に見えての改善はなかった。効果があったとおもったのは、抗生物質だけ。だけど、処方されるのは3日分くらいで、副作用もあるのか続けることができなかった。漢方薬も試したが、あんまり効果はなかった。冷えは改善したので、たぶんにきびの原因は化粧品だったのだとおもう。
  • 薬を処方されましたが効果はあまり感じられませんでした。
  • 対処療法しかないため
  • ステロイドを処方されましたが、使用を止めると又湿疹がでて。。の繰り返しでした。
  • 慢性湿疹は投薬、外用薬使用で一時的に良くなるが、止めるとまた症状が出るの繰り返しでした
  • にきびはくすりを飲んでも塗っても気休めにしかなりませんでした。皮膚炎や手あれも根本的な解決にはなっていなかったように思います。
  • ケミカルピーリングと面ぽう圧出の治療は、効いていたのですが、治療数ヶ月後には定期的ににきびができていたので、根本的には改善しませんでした。
  • レーザーで照射した後にきびを潰すという治療をしましたが全く改善されませんでした。
  • とにかく痒くなり皮膚科に通ってたのですが、「老人病だから仕方ない」と言われ、毎回同じ塗り薬と飲み薬ばかりで痒み止めの薬が切れたら効果はありませんでした。
  • 何度も原因不明の湿疹で皮膚科を受診していますが、「とりあえず薬(ステロイド)を塗ってください」と言われ、それで治らなければ、だんだん強いステロイド剤に移行していくという治療がほとんどです。私は昨年末から今年にかけてステロイド皮膚症になってしまいました。
  • 治らなかった。治療をやめた後に悪化しました。
  • なにも良く改善されなかった。
  • おすすめの化粧品の購入をすすめられ、使用していたが改善はなかった
  • アトピーはお決まりのホルモン剤のみの処方でした。肝班に関しては薬を飲むと消えました。
  • 赤外線を当てて、飲み薬を頂くだけでの生活が半年以上で改善してもすぐにまた再び出てくると言うような状態を繰り返していたので治らないまま病院に行かなくなりました。
  • ステロイド使用により副作用に悩まされた。
  • ステロイドなどで、炎症を抑えるだけでした。
  • 詳しい話を聞くこともなく、お決まりの薬を処方されました。結局効果はなく、通院をやめました。
  • 漢方薬、軟膏、石鹸を処方していただきましたが、よくなりませんでした。
  • 抗生物質を飲み治まったが、時々出来るので満足とはいえない。
  • 一度目の病院ではステロイド入りの薬を出され、幼いころしばらく使って、一時は収まりましたが根本が改善されず、薬をやめれば再発。ステロイドは跡も残るので、16のころからは、病院に行っていません。
  • 治るには治りましたが、内科でも(レントゲン、血液検査、尿検査もしました)皮膚科でも原因はわからず。皮膚科では顔もよく診ず、化粧品を辞めて薬を塗ってくださいと言われただけでした。2回目の診療(皮膚科)でも治っていましたが、今後何に気を付ければいいですかと聞いても「う~ん、何とも・・・」というお返事で、どうしていいかわからず、再発はしていませんが、自分の判断で日焼け止め、ファンデーション、クリームや美容液などを辞めました。
  • いずれもぱっと一目見てステロイドを処方され、完治しませんでした。○○皮膚科クリニックではパッチテストを勧めてくれましたが、納得できず受けないまま行かなくなりました。
  • 蕁麻疹は漢方服用中は治りました。アトピーはステロイドと飲み薬だけで、食事指導とかしてくれませんでしたので。
  • かゆみは取れたが赤みは取れないままだから。
  • 数年間病院は何件か行きましたが、大体がニゾラールクリームやステロイドを出され、完治しませんでした。今は病院も薬も使っていません。
  • アトピーが出たら薬を塗って、治ったら休み、ひどくなったらより強い薬を塗るの繰り返しでした。根本的な改善は全くされませんでした。
  • ステロイド剤を断つことができたのは満足しているが、その後も皮膚疾患は完治しないことに満足していない。
  • 根本的な治療がない。汗が原因といわれているようですが本当のところ原因がはっきりしない疾患のようです。ステロイド軟こうの処方となりました。いたしかたないというところのようです。
  • 抗生剤の処方などありましたが、塗り方の指導などがなく 塗りすぎてしまい逆に顔に湿疹や赤み、かぶれなどの症状が出た事もありました。
  • すこしよくなっても完治といえず、再発したため
  • 症状は抑えられているが、薬なしでは生活できない為
  • 対処療法なので、疾病の根本的な解決には至っていないから。処方された薬が強すぎると、その度に副作用で体調が悪化するから。
  • 薬が効かなかった
  • 治らなかった。さらに乾燥がひどくなった。
  • 酷くなる度に薬を貰う対症療法的な治療で子供心に治る気がしませんでした。
  • ニキビ治療で有名な○○皮膚科に通ったのですが、処方されたVCローションの効果でひどいニキビを治すことができました。しかし値段が高く、治療を継続するのが大変で、途中であきらめました。
  • 必ずワセリン処方。ワセリンはあわなくて。
  • 1回8000円程の、レーザーを5~6回あてに行きましたが、次の日に、化粧のりが、いいくらいで、その後、また、元の肌に戻ってしまいました。改善しませんでした。
  • 数年漢方を飲んだり、ピーリングしたり、硫黄のお薬を塗ったりなど様々行いましたが、効果なしでした。 ひどい皮膚科では、人格否定までされました。病院には、満足していません。
  • ステロイド薬、漢方、飲み薬、塗り薬がいずれも効かず、逆に酷くなったため
  • いずれも薬を塗ったり、飲んだりすると治るが、やめると再発してしまう点が満足できなかった。
  • 牛乳石鹸で一日2回洗顔してとステロイドを塗ってとわたされましたが、いろいろと調べてみて、使用しませんでした。
  • 薬が効かない
  • 再発する
  • 抗生物質は長くは続けられず、一時的に良くなっても治らない。
  • にきびの化膿は一時的に薬で良くなりますが、結局はにきびを繰り返してしまうので、通い続けなければならなかった。
  • 効果的な治療はないと言われたので。
  • ステロイドの処方、漢方薬などで、根本的な治療ではなかったから。
  • 薬をもらって、ちゃんと塗っても、何度も症状がぶり返しました。
  • 価格が高い
  • アトピーや色素沈着の状態を見て、先生から「薬を塗っても良くはならないと思うけど」と言われ、病院に行っても意味が無いなと思いました。
  • シミもシワも改善しなかった。また何度も通わされて化粧品や薬も沢山処方されてお金がかかりすぎた。
  • どちらともいえない。副腎ホルモン系の薬を使うと一時的に良くなるが、完治が難しい・・・。
  • ステロイドの薬をぬれば良くなるが、止めるとまた症状が戻るため。
  • 飲み薬、塗り薬を処方されましたがあまり効果はありませんでした。
  • 飲み薬を飲むと一時的にニキビが良くなるがまたニキビができるので。その繰り返しでした。
  • 良くも悪くもならず、その時は化粧品を変えたことで改善しました。
  • 飲み薬を出されたが効かなかった。
  • かなり軽減はしましたが、完治せず、また痕もあまりきれいになりませんでした。医者は、改善すれば治療終了、患者は元通りになるまで...というように、医者と患者で「完治」に対する考えが違うと感じました。
  • 少ししか改善しなかったため。また、時間が経つとまた元に戻ってしまった。高価なドクターズコスメ(レチノイン酸配合)を買うことになったが、効果があまりなかった。
  • ステロイド剤とプロペトを処方され、良くなってきたらプロトピックという流れでしたが、何か少しでも擦ったり夏の汗の時期・乾燥が酷い時期には必ず再発していました。
  • ステロイドを処方されたため。
  • やぶ医者だったのかもしれませんが、漢方を処方され、それでもよくならず、その漢方の種類を2回ほど変えてもよくならず、最後は「どうしたらよいかわかりません」と言われて終わりでした。
  • しみに関して、レーザーを使用しましたが、かえってレーザーのあとが残りいまだにしみになっている。
  • 薬の内服をやめると、再発または以前よりも悪化した。
  • 薬もあまり利かず、何度も繰り返し同じ症状に悩まされた
  • 治らなかった
  • 一時的によくなっても、何度もぶり返すため
  • 美容外科では、そばかすが一部レーザーで取れましたが、他の部分にはあまり効果がなく、レーザーをあてた部分は太陽にあたってはいけないからファンデーションをかなり厚く(不自然なくらい)塗ったり、指定の化粧品を使用しなくてはいけなかったので、満足していません。皮膚科は、乾癬と診断された時はその薬で2ヶ月くらいで綺麗になおりました。翌年の同じ時期にまた同様の症状がでたので、再度同じ皮膚科へ行きましたが、今度は乾癬ではなく、ただのかぶれと診断され、その後は毎年同じ時期に同様の症状を繰り返しています。
  • 原因がわからなかった為。薬をやめるとまた悪化する為
  • ステロイドやプロトピックを出され、後にひどい副作用で大変な目にあった。
  • 思ったような効果がなかった
  • 完璧に治らない
  • 結局ステロイドを処方され、一度は回復してもまた発症してしまうから。
  • 液体窒素でシミをとったときは、かなり満足できました。その後とりきれなかったシミをレーザーでとりましたが、また出てきて同じでした。
  • 薬は、軟膏のみ処方されたが、再発の繰り返しで薬に依存すぎてムーンフェイスになってしまった。
  • 結果的には病院に行っても行かなくてもあまり変わらないような気がしました。
  • たいしてよくならなかった。
  • とりあえず1ヶ月程で治った感じはありましたが、次の年に日焼け止めでかぶれてまた通い1ヶ月程で治りました。しかしそれ以来、唇の上辺りが弱くかゆみがでる時があります。
  • 最初、漢方を飲み初めて何ヶ月かくらいで少しへってきたと嬉くなったけど、飲み続けても、漢方を変えても減らなくて・・・それを3・4年続けていました。
  • 一時的に良くはなったような気がしますが、薬の服用をストップすると一気に噴き出してくるような感じでした。
  • ステロイド剤を使用しての治療でしたので、今思うとなのですが、無知識の自分が使ってよい薬だったのか不安がありますし、症状を未然に防ぐようなアドバイスをもう少しして頂けたらよかったなと思います。
  • 患者が求める原因の追及には全く対処されなく、不安な毎日だったから。
  • ステロイドを出されただけで、根治にはいたらなかった。結局シャンプーや石鹸をやめたら、手荒れも含め全てなおった。
  • どれも肌の変化と価格と納得できるものがなく、結局続けられなかった
  • 変化が見られず、通い続けなければならなかったからです。
  • 治っても、すぐぶり返していたから
  • にきびはよくなったが、毛穴は改善しただけで治らなかった。
  • 硫黄の入った黄色いローションを渡され,ニキビが減る事は一切無かった。光線治療もしたがほとんど効果は無かった。
  • 漢方薬で、浮腫み、お腹の調子が悪くなった。 塗り薬も、顔中が乾燥して皮がめくれた。
  • 治療はアレルギーの薬を処方され、症状に合わせて薬を飲む感覚をあけて行きました。ストレスも関係するとのことで、今は薬を飲むことはなくなるくらいになりました。でも結局原因はわからないし満足はいかないままです。
  • 顔を石鹸でよく洗うように言われ悪化した。
  • 薬に慣れてしまったようで、再発しました。
  • とりあえずステロイド、という処置ばかりでした。
  • 14のころに急に顔や手に湿疹があらわれて、皮膚科通いが始まりました。その時の先生に言われたことは、牛乳石鹸でからだを洗うこと。そしてステロイド軟膏と飲み薬を処方されました。でもなかなかよくならずひどくなる一方で、おふろでは泡がしみるしふつうにしているだけで皮膚がひりひりして辛くいっそ死にたいと思う日々でした。病院を変えながら、よくなったり悪くなったりを繰り返しその中でステロイドの副作用も見聞きして、そんなのだったらもう病院は行きたくないと思ってましたが28のころにまたひどくなり、仕事にも影響が出るのですぐに効果がでるのであればとまた病院通いが始まりました。今度は全身がかゆく、保湿剤の後ステロイド軟膏を部位によって使い分けそれでも一時凌ぎでまた痒くなりました。かゆみを抑えるというからだに光をあてる装置もやりましたが変わらず...漢方薬も処方されたのですが、眠かったりからだが怠いことばかりでやっぱり薬は意味がない!と改めて気づきネットで何か方法がないか調べたおし何もつけない生活にたどり着きました。
  • 治療法はいつもきまって、ストロイド系の塗り薬ですので、一時的には良くなってもまた再発を繰り返していました。
  • ディフェリンゲルで余計にひどくなった
  • 根本的な原因が分からず、説明もないままステロイドを出されたから。もし原因を知りたいなら、大学病院などで検査が必要だと言われました。忙しいのは分かるけどそんな言い方って・・問診する気がないんだなと腹が立ちました。
  • 幼少から、傷などは直ぐ化膿するアレルギー体質だったのと、酷い乾燥肌でしたので、皮膚科通いは日常でしたが、そこで処方されるステロイドの塗り薬や飲み薬は、一時しのぎのものでしたし、乾燥肌にはヒルドイドクリームをベタベタに塗って寝るように指示されていました。もちろん、改善するより年々乾燥が増していく一方でした。今は、牛田先生のメルマガや夏井先生のHPで、それらが逆に乾燥を引き起こしていると理解することができましたので、大変感謝しています。
  • ステロイドを出された事じたい、不安でした。
  • 完治はしない。クスリをつけてもキレイに治らない。ピーリングもやってみたが、一時だけ肌の調子が良くなるだけで、根本的な肌の状態は何も変わらなかった。
  • 10代後半から顔はもちろん背中のにきびで何度も通院しましたが、現在まで完治していません。イオウのローションなど処方され、肌が黒ひかりしたり、がさがさになったけどにきびは治りませんでした。40代になってから通った皮膚科で初めて、体のにきびはマラセチアと言われニゾラールを処方されずいぶん良くなりました。
  • 薬ばかり出されるが治らない。
  • 汗疱で、皮が剥けて赤くただれた時に、ステロイド処方の薬を貰ったのですが、あまりに効きすぎるのが逆に怖かったです。また副作用があるとも聞いていたので、積極的に使えないという一面もありました。
  • 良くなったり、悪くなったり。結局、良くはなりませんでした。
  • 良くなった点、変わらなかった点、とある。
  • 副腎皮質ホルモンや、抗生物質を使った治療で顔が丸くなってしまいました。
  • ニキビ用の薬...乾燥がひどくなりすぎて使用続行不可能になった。ニキビの方がましと思えるくらい乾燥してしまった。毛孔性苔癬...なんの改善もみられなかった。
  • ステロイド剤を処方され、塗っていれば改善するが塗らなくなれば元通りになった。3カ所くらい病院をまわったがどこも同じ様な対症療法だった。
  • 目の周りの痒みとかさつきがひどく受診したが、弱いステロイドの塗り薬が出たのみで改善されなかった。
  • ステロイドをもらった。かぶれやすい体質になったようで、しょっちゅう かぶれるので強い肌になりたい。
  • 治らない
  • ニキビは抗生物質を飲んでも、ダラシンやディフェリンを塗っても治りませんでした。ピーリングもレーザーも何の効果もありませんでした。湿疹にステロイドは効きますが、塗るのをやめると再発の繰り返しで、肌は黒くなり最悪でした。
  • 完全にニキビがなおることはなかった。
  • 未だに原因が不明なままで私の気持ちもスッキリしておりません。取り敢えずは抗生物質で炎症を抑える形になりました。
  • 改善しなかった。
  • ヘルペスは薬を塗って治ったが、帯状疱疹は病名を告げられ、それも確実ではないとのことで、何の治療もなかった。結局、自然におさまりました。
  • 中学二年生から現在までの六年間ほど数多くの皮膚科に通いましたが、散財するばかりで完治にはほど遠いものでした。抗生物質を飲んだ最初の一週間は良く効くのですが、やはり身体が薬に慣れてしまったのか治ったりまた悪化したりの二者択一を選ぶばかりでした。その結果、初めて通院した時の症状は肌に合わない洗顔フォームによる「かぶれ」から、塗り薬の過剰な使用により「にきび」へとなり、最終的には薬の使用と基礎化粧品の複合作用で「脂漏性皮膚炎」になってしまいました。
  • 塗り薬を処方されたが、いつまで使うのかや、用量などの詳しい説明がなかったこと。また、薬の使用をやめると症状がぶり返したことなど。
  • 改善が見られないのと、薬を出されたが背中のため手が届かなかった
  • 数件の皮膚科、美容皮膚科に通いました。塗り薬や飲み薬、ピーリング、レーザー等やりました。しかし、最終的にボコボコと大きなニキビができ、悪化。それを抗生物質で抑えるようになりました。
  • ニキビ治療の薬は肌を乾燥させるばかりでニキビ以外の肌も痛めてしまいました。湿疹については常に原因不明とのことでステロイドを処方されるだけで、病院に行っても結局何故肌荒れするのかは何もわからないのか、という不満があります。
  • 手荒れはステロイドでの対処療法での治療しかなく、完治せず次から次へと湿疹ができていく。
  • 症状がでたら薬を塗る...の繰り返しで、完治は無いと言われたので
  • アトピーは、薬をもらって収まっては、また出ての繰り返しです。ニキビは中学生の頃から病院に通っていましたが、治らず、新しいよく効く薬を進められて使ってみたら肌が負けてしまいガサガサになってしまいました。蕁麻疹は、原因不明との事です。
  • 塗り薬をぬっている間は良くなるが、薬を止めるとまたぶり返す。シーズン毎(春先)に症状が現れる。
  • 薬を飲んでいる間はニキビが出無いが辞めるとすぐニキビが出来るようになるため、根治していないと判断した
  • 薬をもらったが、塗布すると、ますますひどくなりました。具体的に通院前:クリームや化粧水など、皮膚の表面に何をつけても、めくれてきて、ポロポロ落ちてくる状態だったので、何も付けづにすごしていた。→肩から右脇・腕にかけて、焼けどあとのように1・2ミリ膨らんで赤くなったまま半年か1年しても変化が無かった通院のきっかけ:さらに広がってきたので通院後:もらった薬をつけると、やっぱりめくれてきた→通うのを止しましたまた問診で、・シャンプーが痛くて使っていないことを話すと、原始人じゃないんだからと言われ悲しかった。・薬用のシャンプーの試供品をもらったが、すでに使ったが駄目だった、痛いし皮膚がめくれてくると言った所、これが一番いいのだからと、経験したことを、ありえないとされたことが残念だった。目の前に実例があるときには、医学の本に載っていなくても、起こりうるかもしれないという視点から考えてみる柔軟さを、お医者さんには持って欲しいと思いました。
  • 全く改善されなかった。
  • 親身に聞いてくれず、傷ついて病院通いをやめました。
  • ステロイド入りの塗り薬を貰いました。すぐに改善されました。しかし詳しい薬の説明がなかった為『塗っていれば綺麗な肌を維持できる』と誤認してしまい、毎日使ってしまいました。病院に薬だけ貰いにも行きました。なんと病院は診察もせず処方したのです。わたしの無知にも責任がありますが、そのせいで目のまわりの皮膚は酷くなっていきました。その後薬も使わなくなりましたが病院にも行かなくなりました。
  • 改善しなかったことと、原因がわからなかったため、治療にまんぞくできませんでした。結局自分で化粧品や薬や原因を探さなければならなかったです。よくお話する時間もなかったように思います。
  • 流れ作業的に塗り薬とビタミン剤をだされ、生活習慣などのアドレスはあまりなかった。改善もされなかった。
  • 上肢、胸部、背部の毛孔の炎症と詰まりがあり、外用ステロイドと保湿軟膏を処方されたが、それらを使用しても特に変化がなかった。
  • 10年以上も前なので詳しく覚えていませんがローションもらいましたが、改善せず、すぐに皮膚科は行かなくなりました。
  • ステロイド剤が少量入っているという、ジェル状の塗り薬を3.4年塗り続けましたが、肌表面は綺麗になったけれども、喘息になってしまいました。結局、薬を塗るのを止めて、自然療法に切り替えたところ、やはりまた悪化しました。今は、コーヒー・エネマという腸内洗浄をたまにしながら、良い状態をキープしています。
  • (遠?)赤外線をあててもらったり、塗り薬をもらったりしていたが、一向によくならなかった。
  • ステロイドを処方されましたが、その場しのぎにすぎず、使い続けるうちに「酒さ皮膚炎」のように常に皮膚が赤い状態になり、かさつき、痒みを伴うようになってしまった。
  • 肝斑は市販の物より濃度が高い塗り薬とビタミン系の飲み薬を処方されましたが、それでも効かない場合はレーザーで取るしか無いと先生に言われました。顔にできるいぼは、窒素で取るものと、はと麦を処方されましたが、取りきれず、取った部分が白く残ってしまい、結局どちらの治療も通う気が無くなってしまい、今もそのままです。
  • 結局根本的に治った訳ではない

前のページへ戻る

このページの先頭へ

メールマガジンのご登録はこちらから↓